事例紹介

当社が今までに手がけた事例をご紹介いたします。


大口受注の外注費支払資金を確保したい

株式会社Huber. 代表取締役CEO 紀陸武史様

TranzaxのPOファイナンスサービスを新聞で知り、問い合わせました。

一般社団法人山陰インバウンド機構から外国人観光客向けに5か国語のホームページ制作を落札。翻訳の外注費等で運転資金を確保する必要があり10近い金融機関に相談したが、創業4年目の赤字ベンチャー企業であり通常の融資は難しいと断られていたところ、発注者の協力もありPOファイナンスを使って無事運転資金を調達できました。

◇ご利用のサービス: POファイナンスⓇ

◇Tranzaxが解決した課題

 ・提携金融機関である商工組合中央金庫を紹介。
 ・商工組合中央金庫では信用保証協会の「流動資産担保融資保証制度」を活用し、融資を実行。
 ・ノンバンクでは月次手数料2%を要求されたところ、全体で年利3%を切る金利で資金調達ができた。


海外製造会社への支払資金を確保したい

豊田TRIKE株式会社様

安全性、運搬性に優れた3輪電動アシスト自転車の製造を自転車販売会社のシナネンサイクルから受注。海外製造会社への委託分について納品即支払の支払条件であり支払資金を確保する必要があったが、金融機関側は通常の運転資金融資は難しい状況でPOファイナンスの相談を受けました。

◇ご利用のサービス: POファイナンスⓇ

◇Tranzaxが解決した課題

 ・提携金融機関である商工組合中央金庫を紹介。
 ・今後も継続的にPOファイナンスを利用した取引の発生を見込み一定の融資枠を確保することができた。